レーザー脱毛で赤い発疹ができる?また時間がたつと治るのか?

レーザー脱毛で赤い発疹ができると、口コミサイトなどでよく目にすることがあります。レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応して毛穴の奥にある毛根を破壊する脱毛施術ですので、効果が高い反面、個人差がありますが施術後に赤いブツブツ(発疹)ができたりします。レーザー脱毛後にできた赤い発疹はすぐに治るのか、また放置すると跡が残ってしまうのでしょうか?

レーザー脱毛で赤い発疹ができやすい原因

レーザー脱毛は、毛根に与えるダメージが強い分、フラッシュ脱毛よりも短期間で気になった部分の脱毛を完了することができます。しかし刺激が強いため、施術後、赤い発疹のような炎症ができる場合があります。レーザー脱毛により少なからず肌にダメージが残っていますので、バリア機能が低下してバイ菌が侵入しやすくなります。

この際、肌から菌を排除するために防衛機能の症状として炎症が起きてしまいます。この症状はレーザー脱毛を行うと必ず起きることで正常な反応なのですが、普段から肌のケアを十分にしていない状態で施術を行うと、より一層赤い発疹ができやすくなりますので注意が必要です。

また刺激に弱い敏感肌の方もレーザー脱毛によって一般の方よりも赤い発疹が目立ってしまうことがあります。

レーザー脱毛後赤い発疹がひどい場合はクリニックに相談を

普段から肌のケアを怠らない方でも、レーザー脱毛を行えば、少なからず赤い発疹がでてきます。これには個人差があり、比較的刺激に強い肌質の方はそれほど目立たない場合があります。しかし、敏感肌の方がレーザー脱毛を行うと赤い発疹が目立つケースもありますし、肌のお手入れを怠っていると、発疹の数が多くなることがありますから注意が必要です。

レーザー脱毛は医療脱毛サロンであれば医療機関で行いますので、医療行為に値します。そのため医師がしっかりと施術をしますし、脱毛後の肌荒れなどのトラブルに無料で対処や保証をしてくれるため、ひどい場合は再来院して相談することをお勧めします。

赤い発疹がひどくなると起きやすい症状について

赤い発疹が悪化することによって、毛嚢炎(もうのうえん)や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚炎を発症してしまうことがあります。毛嚢炎は、毛嚢という毛穴の奥の毛根を包んでいる部分に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の細菌が感染することで炎症が起きる症状で、主に髭剃りやムダ毛処理の後に発症しやすくなります。

症状が軽い場合は自然に治ることが多く、特に治療は必要ありませんが、ひどい場合は抗菌薬の内服や外用薬を行い治療をすることになります。毛孔性苔癬は、毛孔角化症とも呼ばれていて、毛穴に溜まった角質が皮膚からもりあがって、ブツブツした突起物などが発症する慢性的な発疹のことを言います。

毛孔性苔癬ができやすいのは二の腕やおしり、太もも、肩や背中などで、赤い発疹が発生したり色素沈着によって肌が黒ずんでしまうこともあります。レーザー脱毛後の肌はダメージが残っていたり乾燥しやすい状態になっているため、アフターケアを怠ると、発症しやすくなります。

せっかく脱毛してきれいになったのに、二の腕にブツブツができると残念なことになります。

レーザー脱毛で赤い発疹ができた時の対処法は

レーザー脱毛による赤い発疹は、1週間ほどで自然と治ることがほとんどですが、きちんとしたケアをすることで完治時間を短くすることができます。1日でも早く治すためにはとにかく患部を清潔に保っておくことが大切で、プールや温泉、海などに行くことを控えることです。

特に夏場はプールや海に行く機会が増えますが、空気中よりも多くのバイ菌が潜んでいますから、入らないほうが良いでしょう。また浴槽にもバイ菌が多いですから、1週間はシャワーで体を洗ったほうが良いです。それからレーザー脱毛の施術後は、クリニックから支給された塗り薬を欠かさず塗っておくことが大切になります。

もし支給されていなかったり使い切ってしまったときは症状を伝え相談し、薬を処方してもらうとよいです。ほとんどの大手クリニックでは、無料または少額で薬を処方してもらえますし、市販の薬よりも効き目があり、安全性も高いためおすすめです。

レーザー脱毛で赤い発疹の他にも起きる皮膚の症状とは

レーザー脱毛によって赤い発疹の他に、黒いブツブツができることがあります。この状態は、毛が皮膚に埋まってしまったことで発症する埋没毛が原因です。埋没毛はレーザー脱毛によって、毛の燃えカスが皮膚の中に残ってしまうことで起きやすいですが、レーザー脱毛以外の毛抜きやカミソリでの自己処理でも起きやすいです。

カミソリ処理などで傷が付いた肌にできたカサブタで毛穴がふさがってしまい、皮膚の中で再び生えた毛がもりあがってくるため黒いブツブツの見た目となります。特に肌の健康への影響はありませんが、黒く目立ってしまうため、見た目が問題になることが多いです。

赤い発疹はクリニックからもらった薬を塗れば治ることがほとんどです。しかし埋没毛は放置しても自然に毛が出てくることがありますが、毛穴を開かないと解決することに時間がかかることがあります。しかし無理やりピンセットなどで毛穴を開けると皮膚が傷つきやすいため、ローションや保湿クリームを塗って毛穴が開きやすいような状態にすると改善しやすくなります。

また、蒸しタオルを患部に当てることで、肌を柔らかくして毛穴が開きやすくなるため、埋まっていた毛が表面に出てきやすくなります。

関連記事:レーザー脱毛を受けると熱いのは本当なのか

レーザー脱毛の赤い発疹は正常な反応

レーザー脱毛によって発症する赤い発疹は、レーザーが毛根に届いて破壊している事で引き起こされる症状です。そのため、レーザー脱毛が効いている証拠のサインでもあります。この発疹は炎症性浮腫といい、レーザー脱毛を行うことでレーザー照射を受けた毛穴の周辺の皮膚炎症によるもので、すぐに治ることがほとんどです。

また塗り薬を縫ったアフターケアも行ってくれるクリニックがほとんどですから安心して施術を行うことができます。また、レーザー脱毛は他の脱毛方法と比べて痛みが強いイメージがありますが、最近では痛みや肌の負担が少ない最新の脱毛器を導入しているクリニックも存在します。

レーザー脱毛は2000年前後に広まったまだ新しい脱毛法なので、これから痛くないレーザー脱毛法が次々に出てくる可能性が高いです。レーザーの波長や冷却、照射時間など、なるべく痛くならないように工夫をされてきているため、痛みの少ないレーザー脱毛が実現されつつあります。